サントリー「極の青汁」に使われている明日葉について

青汁の原料になる野菜としては「明日葉」も見逃せませんね。

サントリーは「極の青汁」の原料の1つとして明日葉を採用しています。

その理由は、明日葉は生命力あふれた植物でありβカロテンやビタミンE、カルシウムなどの栄養が豊富な野菜だから。

<明日葉の素晴らしい栄養バランス>明日葉とほうれん草の栄養成分比較

日本が原産である明日葉は、昔から食用などに利用されていましたが、サントリーは、よりたくましい明日葉を求めて鹿児島県屋久島などの明日葉にたどり着きました。

鹿児島県屋久島と言えば、世界自然遺産で良く知られている、昔からの大自然が残っている島です。

屋久島は、亜熱帯に属していますが、寒暖が激しく、雨が多く、そして水はけの良い土壌を持っています。

これは、たくましい明日葉を育てるのに最適な環境だと言えます。

メイン産地の1つである屋久島の東側の森の中には、棚田状になっている明日葉の畑が存在しています。

手つかずの大自然が残っている屋久島など、厳しい気候で育てられた明日葉はたくましく、また、生産者の愛情によって手入れも行き届いており収穫時期には2mにも成長するものもあります。

このような生命力豊かな明日葉こそ青汁の原料には最適なんですね。

サントリー「極の青汁」に興味がある方は、下の画像をクリックして詳しい情報をご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
バナー原稿imp