サントリー「極の青汁」に使われている大麦若葉について

大麦若葉には、苦味や青臭さが少ないですし、ビタミンやミネラル、食物繊維など健康をサポートする成分が豊富に含まれています。

そんなことから、大麦若葉は最近の青汁素材の代表的な存在となっています。

<食物繊維と鉄分がギッシリ!>
大麦若葉の食物繊維・鉄分含有量グラフ
他にもカルシウム、カリウム、ビタミンCなど、うれしい成分が入っています。

※大麦若葉末の分析値を生葉に換算したもの、及び、五訂増補日本食品標準成分表から引用

サントリーは、理想の大麦若葉を探すために日本全国を巡りました。その結果、熊本県阿蘇などで栽培されているたくましい大麦若葉を選びました。

大麦若葉に限らず、作物を栽培する上で最も大切なのは「土壌=畑」ですね。

その土壌(畑)の力を十分に持っているのが、厳選された熊本県阿蘇などの土壌なのです。

「極の青汁」の原料になる大麦若葉が栽培されている畑では、何よりも土作りが重視されています。

1年に2回、トラックで堆肥を畑に運び入れて耕し、夏になると、その畑に大豆を植えて緑肥としてすき込んで畑に有機物を補給しています。

堆肥を入れて耕した畑は微生物の働きによって、土が団子状になり粒と粒の間に隙間が出来た団粒化構造になります。

この団粒化構造になった土壌は粒と粒の間に出来る隙間のおかげで通気性も良く、また水分も蓄えやすいので日照りにも強い土地になります。

また、団粒化構造の土壌は、保温効果にも優れ冷夏にも強くなります。

サントリー「極の青汁」に使われている大麦若葉は、日本全国の中から選ばれた土地で栽培され、たくましく育てられています。

サントリー「極の青汁」に興味がある方は、下の画像をクリックして詳しい情報をご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
バナー原稿imp