サントリー「極の青汁」に使われているケルセチンプラスとは?

健康に興味がある方なら、ポリフェノールが私たちの健康に深く関りがあるという事はご存じだと思います。

サントリーは、そもそもワインなどのお酒や清涼飲料水、お茶なども販売しているので赤ワインに含まれているアントシアニンや、お茶に含まれているカテキンなどのポリフェノールの研究も長年にわたって行ってきました。

●<代表的なポリフェノール>

赤ワインなど アントシアニン
ウーロン茶など ウーロン茶ポリフェノール
緑茶など カテキン
野菜類など ケルセチン

サントリーが行ってきたポリフェノール研究は、もう、20年以上もの歴史があります。

「極の青汁」には「ケルセチンプラス」が配合されています。

ケルセチンプラスというのは、ポリフェノールのケルセチンを、より吸収されやすい構造にしたものです。

ケルセチンというのは、玉ねぎやリンゴ、サニーレタス、ブロッコリー、モロヘイヤなど野菜や果物に多く含まれているポリフェノールです。

サントリーは、このケルセチンをより吸収されやすい形にした「ケルセチンプラス」を、大麦若葉と明日葉の青汁に加えました。

これによって、より健康に良い青汁「極の青汁」を作り出しました。

サントリー「極の青汁」に興味がある方は、下の画像をクリックして詳しい情報をご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
バナー原稿imp